img0003
引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377354533/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:28:53 ID:eSjRvww90
たまに虫とかで、木とか葉っぱそっくりの見た目のやついるだろ?色が似てるとかそういうレベルじゃなくて木の樹皮とか質感にまでそっくりな虫とか
いわゆる擬態ってやつよ(´・ω・`)
ああいう虫ってどうやって進化してきたんだよ。突然変異を何万回繰り返しても葉っぱの葉脈まで再現できるとは思えないんだが

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:35:15 ID:11X+WmJv0
>>1
wiki読め

進化に目的があるという誤解

「高い所の葉を食べるために、キリンの首は伸びた」といった表現はよく使われる。しかし、首が伸びるという突然変異は目的とは関係なく起こり、それに自然選択が働いたにすぎない[101]。

もっとも、無目的な突然変異と自然選択によって、あたかも目的を持って作られたかのような器官が生み出されるのも確かである。ドーキンスはこのことを「盲目の時計職人」という比喩で表現した[102]。

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:36:34 ID:iMJxLkVi0
>>36
キリンだけ首が伸びたのはおかしいだろ
なんで馬は普通なんだよ

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:38:07 ID:zil8ON7o0
>>46
馬は下草食うからだろ

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:38:31 ID:iMJxLkVi0
>>58
首が短い時代のキリンも下の草食えよw

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:38:42 ID:eSjRvww90
>>36
それも納得いかない
そもそもなんで高い所の木の葉を食べる必要があるんだよ
ある時から突然低い木が無くなったのか?

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:43:52 ID:K85Q40Nn0
>>61
高い所の木の葉を食べる必要があった
じゃなくて
たまたま首が長くて高い所の木の葉を食べる奴が有利で生き残った
じゃないのか

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:45:10 ID:11X+WmJv0
>>95
そうそう

環境に順応して進化する訳はない

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:44:13 ID:6bs7vRNZ0
>>61
は?
進化には目的がないって言ってるだろ
たまたま首が長くなって、高い葉を独占できるようになったから生き延びた、
ただそれだけ

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:45:35 ID:iMJxLkVi0
>>99
葉っぱが食えなければ
それ以外のモノを食えるように適応すればいい

葉っぱしか食えないというのは甘え

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:51:36 ID:6bs7vRNZ0
>>112
いや、すまん分かりにくいな
食えなかったんじゃなくて下の葉はほかの動物も食うけど高い葉はキリンしか食えないじゃん
だから下の葉しか食えない奴らよりキリンが生き残った

646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 02:23:52 ID:C0DBgnozO
>>1
マジレスしてやると蚊とかの昆虫類は毎年3000以上新種が生まれてる
その中で淘汰されて残ったのが擬態種だった話
むしろ未だにマンボウが進化しないほうが謎なんだけど

651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 02:27:22 ID:OERIeEb+0
>>646
あいつは進化つーか、それこそ数が命だろ
魚の中でも一回で一番子供生むんだし、その中の一匹さえ生き延びればイイっていう方式
さらにどうも水中ってのは不思議なもんで、全く進化しようとしない生き物がたくさんいるんだよな
カブトガニとか、シーラカンスとか、オウムガイとか。

662: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 02:30:29 ID:a4OwsRFM0
>>646 新種は「発見された」ので生まれてるのかなぁ?まあ生まれてもおかしくない。とりあえず
マンボウは面白いね、奇跡的に淘汰されず残った稀な例なのかもしれないね。生きた化石的な

俺の話は人類の話だけど、封神演義ってこれも知らないけど629みたいな内容設定なの?

7: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/08/24 23:30:03 ID:wVJVCHHB0
なんで動物園にいる猿は人間になってないの?

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:31:20 ID:mO8eukQA0
>>7
動物園で猿のままで生きていけてるから

それでも進化論は大嘘

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:34:38 ID:FhLZsHWU0
>>7
人間と猿は似てるだけで全然違う生物だから

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:30:18 ID:47/zZ3tm0
葉っぱに近い見た目のやつらだけ襲われにくかったから生き残ってんじゃね

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:31:34 ID:MH0g0T060
>>8
じゃあそいつの進化途中の先祖のちょっと似てるかな…?程度に葉っぱに近い虫の化石が発見されないとおかしい

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:32:28 ID:eSjRvww90
>>8
突然周囲の葉っぱと全く見た目が同じ虫が生まれるのか?
そんなの信じられない

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:34:27 ID:cvGWMKRt0
ある動物が進化する、というより
環境に適応した能力を持つ種が残ったと考える方が自然だと思う

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:49:22 ID:cvGWMKRt0
>>30が俺の中では答えなんだけど
誰か論破してくださいお願いします

150: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/08/24 23:50:26 ID:o45gEzxl0
>>142
それを進化論って言うんだと思うよ

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:35:56 ID:AWnfXRNiP
なんで深海生物は擬態する気ゼロなの?

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:37:11 ID:FhLZsHWU0
>>41
だって真っ暗なんだもの…

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:37:29 ID:zil8ON7o0
>>41
暗くて見えないからじゃね

963: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 13:06:09 ID:LvgX1OvMO
>>41
擬態してると言えばしてる
透明が多いのは一番目立たないから
次に赤が多いらしい、これも目立たないから

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:37:22 ID:11X+WmJv0
現在進んでいる進化が観察されたこともある

古典的な例はオオシモフリエダシャクの工業暗化である。このガには白色型と黒色型がいるが、工業の発展に伴う煤煙で樹木表面が黒く汚れた結果、捕食者である鳥から姿を隠しやすい黒色型のガが急激に頻度を増した

次いで有名なのはガラパゴスフィンチの事例で、グラント夫妻らの30年以上にわたる長期の調査により、環境変動に伴う自然淘汰が嘴の進化を引き起こしたことが確認されている

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:40:39 ID:mO8eukQA0
>>52
種の範囲内での環境適応があるのは当たり前だと思う
進化論は拡大解釈し過ぎ

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:44:15 ID:qxkBmMf80
>>76
それが自然選択の実例。そこから選択によって種が変異して行ったというのが進化論の自然選択説。
選択によって種が変異するのも交配実験とかで確認でけとる。

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:41:48 ID:2Mj3HkFL0
俺も思う
あと南米とかに空飛ぶトカゲがいるけどどうやって羽を獲得したんだよ

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:44:10 ID:eSjRvww90
>>82
誰かこれに答えてくれ

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:46:00 ID:q/SMXAKe0
>>98
始祖鳥だって爬虫類だし似たような経緯たどってるんじゃね

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:49:01 ID:eSjRvww90
>>116
羽は擬態とかと違って何万年とかかけて徐々に獲得していったって意味ないだろ?
ある日突然空飛ぶ羽をもったトカゲが突然変異で生まれたのか?

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:51:56 ID:q/SMXAKe0
>>137
そら生きているうちに生えるわけないから突然生まれるしかないわな

118: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/08/24 23:46:22 ID:jx+qMY0/0
>>98
もともとあったと考えてみる

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:48:23 ID:pujjAjiU0
>>98
たまたま跳躍力が優れてた奴が一匹産まれました。
そいつは跳んで獲物を捕るのが上手かったので生き残ってたくさん子どもを産みました。
その子供の中にもそいつの能力が遺伝し飛ぶのが上手かった奴が何匹かいました。
そいつらももちろん生き残りました。
その子供も・・・


以下ループ
跳躍力に優れれば優れるほど沢山生き残るわけだから次第にそいつらだけになるのは当たり前

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:48:07 ID:NV8RvEG00
進化論が正しければイケメンが生き残る
でも俺たちはイケメンじゃない
つまり進化論は嘘っぱち

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:49:29 ID:ewzKQOw00
>>130
まだ人間の歴史なんて始まったばかりだろwww

157: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/08/24 23:51:22 ID:jx+qMY0/0
俺に翼があってもいいのにさ

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:52:11 ID:ewzKQOw00
>>157
このあとの種の進化でできるかもしれんぞ 来世に期待しろ

179: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/08/24 23:54:02 ID:jx+qMY0/0
>>163
記憶を移植する技術を早く

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:54:04 ID:mO8eukQA0
なぁ、哺乳類の目ってどうやってできたと思う?
徐々にできたと思う?

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:55:46 ID:eSjRvww90
>>180
そもそも最初の哺乳類ってどうやって胎生できるようになったんだよ

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:55:32 ID:fs/66Onv0
根本的に最初の生物から進化していって今の多様な生物になったっていうのが信じられない

首が伸びるとか卵の模様が変わるとかいうレベルじゃないじゃん

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:56:28 ID:FhLZsHWU0
>>186
時間

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:57:20 ID:iMJxLkVi0
>>194
時間言えば反論できないから楽だなぁ
何も考えなくていいもんね

238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:04:23 ID:GvEAjgTB0
>>201
膨大な時間があったのは事実なんだから反論する意味ねーだろ

276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:09:55 ID:cusqav5o0
>>201
俺らの人生程度の圧倒的に短いスパンでもいろんな突然変異目にするだろ?
その何億倍の年月がたってると思ってんだ

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:56:09 ID:11X+WmJv0
鳥の進化はこう

no title

no title

no title

no title

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:58:18 ID:QnDud+zBP
>>193
途中の奴って別に何にも有利なことなんてないのに何でそうなったん(´・ω・`)

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:00:07 ID:mO8eukQA0
>>206は大事なことを言った
知的な誘導、こっちの方向性に突き進めば捗るっていうビジョンがないとおかしい
中途はんぱな余計なものは自然淘汰の考えにはそぐわないんだから

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24 23:58:42 ID:HyBqpxXo0
>>193
そもそもなんで1の中空の羽軸が生えたの?突然変異?

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:01:01 ID:h5AF5P7d0
>>208
最初は突然変異だろうね
人間だって毛むくじゃらの人いるでしょ

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:04:24 ID:p8M8O3nCP
>>220
毛むくじゃらのおっさんが空飛びだす未来もあるのか(´・ω・`)

235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:03:22 ID:B95vjVXx0
俺の頭は光ってるが?

266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:08:25 ID:9T/0+kBXP
>>235
ハゲ→頭皮に葉緑体を持つ人間が生まれる→太陽光で生きていける人間誕生
つまりお前は進化の途中、進化へのワンピースだw

281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:10:14 ID:B95vjVXx0
>>266
マ、マジかよ…俺はやっぱり人類の希望だったのか

294: 電子馬 ◆RYDEEN/Nho 2013/08/25 00:11:42 ID:zwP4dLBl0
>>266
なるほど...それでハゲが最近多いんだな..

253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:06:47 ID:mPo4QnKI0
そもそも化石ってそんな簡単に出来るの?
虫が化石になるのってかなりの偶然が必要
その当時の地球環境によってはすぐ腐って終わるぞ

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:08:15 ID:jgdcmMna0
>>253
そりゃ肉は腐るが骨は腐らんだろ

274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:09:35 ID:pSIMEw/U0
>>253
化石よりも琥珀に閉じ込められてるっていうイメージがあるな

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:15:45 ID:ascxDNrXP
何故、氷河期を過ごしてきたヨーロッパ人にアルコール分解能力ゼロの下戸が存在しないか考えて見ろ。
当時氷河期を過ごしてきた人間は腐ったものを食べなければ生き残れなかった。
その腐ったものを食べて生きていける能力を持たない人間は現代の下戸そのものなわけだが?

328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:16:43 ID:K3fBlASp0
>>319
アジア人は牛乳飲めないのとも関係あるのかね

347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:19:04 ID:O30j4e8Q0
>>319
うーん9割分かるんだけど1割引っかかる感じ

355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:20:31 ID:RC9Z5A4J0
>>319
氷河期なら腐らないんじゃね?

323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:15:54 ID:p8M8O3nCP
やっぱ一番すごいのはこいつかな
no title

329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:16:44 ID:0oK7cLR50
>>323
なにこれえ

346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 00:18:56 ID:Vbyl1j0i0
>>323
自然淘汰でこんな模様までできるかよwwwwww

539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 01:14:50 ID:ES7LlaFK0
とりあえず、今現在猿から人間への進化途中の存在が見つかっていいと思う

545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 01:17:13 ID:hDBM3uyS0
>>539
参考までに
no title

これが一番きれいに見つかってる猿人の化石らしい

ネアンデルタール人はもっときれいだけどね、ありゃ人だと思ってるが

561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 01:24:17 ID:zTbyZyX40
理科偏差値47の俺になんで進化論が否定されてるか教えてください

564: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 01:28:00 ID:GvEAjgTB0
>>561
全部偶然って言われるたらロマンがないから

567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 01:29:00 ID:ES7LlaFK0
>>561
点と点(現在発見されてる進化の過程とされている化石)が円を描くかどうか(進化の過程としてつながっているかどうか)で議論されてるんじゃないか?
否定というか、あくまでそれぞれ独立した点(種)ではないか?という可能性の話じゃないか?

569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 01:33:24 ID:FTIi8B1d0
>>561
進化論は否定されてないよ。
否定したい人はいるみたいだけど科学として認められてる。

否定されてる進化論の説はちらほらあるけど進化論自体は大丈夫。

595: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 01:55:32 ID:fUjh08T70
首長いキリン「なんか知らんけど俺の首なげえwwwwwww」

キリンA「うわほんとだwwwwwwwきめえwwwwwww」

キリンB「けどあれだと高いところにある草簡単に食えるなwwwwwww羨ましすwwwwwww」

キリンA「でもきもいからwwwwwwwあいつきもいからwwwwwww」

女キリンA「きゃー!あの方首長ーい!」

首長いキリン「あそこにある草・・・取ってやろうか?」キリッ

女キリンB「キャー!かっこいいー!」

キリンA「」

こういうこと?

609: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 02:01:30 ID:k7laxS7+0
>>595
首長いキリン「一杯あるから一杯食えて体でかくなった」

キリンA「お前でかいなwwwww強そうwwww」

キリンB「俺も一杯食べられたらそうなるし」

女キリンA「やだあの人たくましい抱いて」

首長いキリン「あ、え、えと」

女キリンB「ちょっとこの人は私と子供作るのよ引っ込んでて」

女キリンC「あんたこそ引っ込んでなさいよ!」

キリンAB「」

キリンのかっこいい基準がわからないけどたぶんこう

662: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 02:30:29 ID:a4OwsRFM0
>>646 新種は「発見された」ので生まれてるのかなぁ?まあ生まれてもおかしくない。とりあえず
マンボウは面白いね、奇跡的に淘汰されず残った稀な例なのかもしれないね。生きた化石的な

俺の話は人類の話だけど、封神演義ってこれも知らないけど629みたいな内容設定なの?

654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 02:27:46 ID:dLArtCl0i
人間のようになるために頭良くしようって猿が人間になるためになにをしたというのか
なにをどうやったら猿が人間になるのか
なんなのか
なんなのだ?

705: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:00:25 ID:Gpnyx7oyO
>>654
あまり指摘されないが、サルと人間の共通点に、膝関節の曲がる方向がある。
多くの生物は「腹側」に膝が曲がる。
サル、人間は「背中側」に曲がる。

速く動くだけならバネを生かせる「腹側」が有利。猫も犬も馬も「腹側」
サル、人間はわざわざ身体的有利を捨て、のしのし歩く「背中側」を選択したが
脚を単なる推進装置とせず、二足立ちして前足(手)を
テクニカルな機関として利用するアプローチがあった。

人間の場合は脚に留まらず、目も鼻も耳も口・喉も
運動性能の補助ではなく独立した機関として使おうとした。
こういう選択が知能に差を与えたのではないかな。

711: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:04:22 ID:Zr5EJ2+Q0
>>705
君が膝だと思ってるところは足首だ

725: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:13:48 ID:Gpnyx7oyO
>>711
メインの推進力を伝えるのは膝にしかできないんだから、
骨の共通項がどうあれ膝は膝、足首は足首だよ。
馬は人間で言うクラウチングスタートの体制でずっと走っている

702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 02:58:30 ID:D6WkAM8Q0
二重まぶたで鼻筋が通っていてアゴのラインがシャープで頬骨が出てなくて左右対称の顔を、何故ヒトは美形と感じ、生殖の標的とするのかが分からん。
生存競争に何にも関係ない要素ばっかじゃね。

707: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:00:27 ID:tJ4DCWCn0
>>702
美の条件とは、
平均的であることだ

721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:10:15 ID:D6WkAM8Q0
>>707
バランスのとれた物が理想ならば、両目共に一重の人が二重に憧れるのがよう分からんよなぁ

726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:13:58 ID:tJ4DCWCn0
>>721
平均的に二重の人間の方が多いから

728: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:16:47 ID:D6WkAM8Q0
>>726
なるほど

729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:17:38 ID:uBCCLJAP0
もともと進化した生物ばかりなら
今でも進化が見られるだろうし
こんなに時代が変化しているのに
生物はなぜ進化していない?
もともと生物は進化してその姿になったのではなく
人間なら人間として始めから生まれてきたんじゃないのか?

731: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:20:00 ID:Gpnyx7oyO
>>729
そりゃあ人間は人間として始めから生まれてるよ。
それに至る分岐点に人間と猿に別れたご先祖様がいたというだけ。

732: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:21:11 ID:rEYNwmBX0
>>729
進化をどんな風に思ってるの?
進化というのは遺伝子の変化
作物の品種改良だって進化だし研究室では特別な環境で昆虫を育てて変化を見たりしてるよ

738: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:26:09 ID:Gpnyx7oyO
>>732
昆虫より植物がメジャーだろう。品種改良もあるし
継木なんかでも性質が激変する。
そういう配合程度の変化でも新種になってしまうので
遺伝子組み換えレベルまでやると持て余す難物になっている。
遺伝子組み換え植物と普通の植物も勝手に混ざり始めてしまうから。

733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:21:48 ID:LUbO+Z9kP
>>729
まあ落ち着いて、ちょっと一万年ほど待ってくれ

進化はそういうタイムスケールで起こるものだから、
100年や200年で変化が見られないと言われても困るよ

734: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:21:49 ID:G7yknNac0
>>729
一応、人間の形質は7世代で定着するとか言われとるから地味に進化しとるで。

740: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:26:35 ID:GvEAjgTB0
>>729
進化とは優秀とか向上とかいった意味ではなく様々な変化のうち生き延びたものを後から分類する言葉にすぎない

743: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:28:11 ID:7gTQ68000
>>740
疑問なんだが
個体の死を持って種を生存させる場合
これも進化なのかな?

749: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:32:34 ID:GvEAjgTB0
>>743
それは種の保存手段であって進化そのものではないと思うな
ただそれが進化を待つベースになってはいる

760: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:38:56 ID:7gTQ68000
>>749
周囲の環境もひっくるめた進化
にはならないのか
例えば突然変異と自然選択による進化がオーソドックスだけど
仮に人間が今の段階から進化する場合
自然選択の部分は人工的にコントロールができると思うんだけど
それも含めて進化になるのかね

737: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:26:06 ID:tJ4DCWCn0
日本人の平均身長が高くなってるのは進化?
それとも栄養の関係?

742: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:27:55 ID:G7yknNac0
>>737
栄養でしょ。背の低かった戦前戦中世代から2代下は確か前の世代より
平均身長が下がってたはず。で、ゆとりくらいからまた伸びた。

758: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:38:12 ID:Gpnyx7oyO
>>737
環境より人間側の変化が大きいと思う。
江戸時代の人骨は皆身長が低かったり、中世人の頭蓋骨は鼻が低かったりと
日本人も色々変化している。
昭和元年からでも88年くらい経過しているから、
従来のイメージと比べて違和感を感じるような変動が起きてもおかしく無いだろう

764: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:42:53 ID:uHL29s10P
>>758
88年ってせいぜい5世代だろ。そんなにすぐに身長は変わらんと思うよ
昔はカルシウムが極端に不足していたから背が低かっただけだと思う

775: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:49:41 ID:Gpnyx7oyO
>>764
それは栄養で変化する場合だろう。
ボディービルダー作ってるわけじゃないし構造の変化が先にあれば、
少々栄養価が低くても身長は伸びる

同じ弥生人同士でも比較的大柄な九州北部・山口系統の人骨と
小柄な長崎、および沖縄諸島の人骨に別れている。
栄養ではなく遺伝子に差があった。

748: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:31:55 ID:lHfIXEaD0
今の人間に生命に関わるような危機的状況が無いから人間は一生進化出来ないと思うんだが
もし突然氷河期が来たりマグマが地上を覆い尽くすとかの危機的状況が出来たなら進化出来るんじゃねぇかな

753: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:34:00 ID:xNxmjdKN0
>>748
いまはバリエーションが増えてる時期
危機的状況が来たらそこから生き残れる奴が選別されるんだと思う

751: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:33:32 ID:rVUm/IwG0
>>753
ショウジョウバエを50年以上、約1400世代にわたって真っ暗な中で飼い続けると、
姿や生殖行動などに変化が起きることが、京都大の研究でわかった。
生物の進化の謎を実験によって解き明かす初の成果として注目を集めそうだ。
横浜市で開かれる日本分子生物学会で9日発表する。

1954年、理学部動物学教室の森主一(しゅいち)教授(2007年2月死去)が、
暗室でハエの飼育を開始。以来、歴代の教員や学生らが、遺伝学の実験用に
代々育ててきた。

暗室のハエは、においを感じる全身の感覚毛が約10%伸びて、嗅覚(きゅうかく)が発達。
互いをフェロモンの違いで察知して繁殖し、通常のハエとは一緒に飼っても
ほとんど交尾しなくなっていた。

全遺伝情報を解読した結果、嗅覚やフェロモンに関する遺伝子など、
約40万か所でDNA配列の変異が見つかった。視覚にかかわる遺伝子の一部も
変異していたが、光には敏感に反応するので視覚はあるらしい。
ショウジョウバエの寿命は約50日。1400世代は、人間なら3万~4万年に相当するという。

阿形清和・京大教授は「通常とは異なる環境で世代を重ねることで、まず嗅覚などの
感覚器官に差が生まれ、それが生殖行動に影響し、やがて種の分化につながっていくと
推測できる」と話している。
ソース:読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091208-OYT1T00780.htm

756: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:36:10 ID:hDBM3uyS0
>>751
>やがて種の分化につながっていくと
>推測できる」

これがわからんのだよ
何度も言うけど飛躍だと思う

762: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:41:58 ID:Gpnyx7oyO
>>756
「生殖行為に影響する」という前置きがあるから
オリジナルとはパートナーを選ぶ基準が違い
遺伝子が偏って、やがては別々の種類に別れていくという解釈だろう

757: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 03:37:49 ID:xNxmjdKN0
>>751
ここから50年普通に飼ったら元に戻るのかね

898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 08:31:15 ID:PvDu3Fiw0
人間はもう「自然の中では」進化しない。

最低限の知識、最低限の技術、最低限の社会構成能力、
それらを手に入れた人間は、
今後、「自らの手で」進化していくことになる。

もう自然の加護、つまり神の加護は人間には与えられない。
これから人類は、「自然的進化」から「人工的進化」に切り替わる。

つまり、「機械化」、さらに「情報化」、
さらにその先に情報にも囚われない「神」の次元がある。

我々は、

既に「生物」を「超越」する第一歩を踏み出している。

903: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 09:24:38 ID:G28GBtuR0
>>898じゃないけど
人間個人は大昔からしたら体が弱くなって
退化という名の進化?をしてるけど
それって文明の利があって守られてるからこその退化だろ

つまり生物学的な進化を犠牲にしての文明であるなら
それ(文明を発展させること)って生物としての反逆ではないの?とか
そんな大それた話ではないか

さらに義体化電脳化したら、ってそれはSFか

905: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 09:38:16 ID:+tI6NCuu0
>>903
体が弱くなっているソースとかあるの?

昔のやつかて、現代人と同じ生活させれば同じ程度の体力なんじゃね?

908: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 09:40:18 ID:G28GBtuR0
>>905
原始人とか俺らよりめっちゃ力強そうじゃん 毛もモサモサやし
あれパチなん?

910: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 09:41:03 ID:PvDu3Fiw0
>>905
とりあえず、アレルギーっ子とかが増えた気がする
環境は良くなってるのにも関わらず

912: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 09:54:00 ID:+tI6NCuu0
>>910
それは逆や
環境がよくなってるがゆえ、耐性をつける段階がないだけ
農場で育てりゃ普通にアレルギー耐性がつくそんだけ

912: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 09:54:00 ID:+tI6NCuu0
>>905
パチというか理想像
シュワちゃんの肉体に毛つけてるようなもん
そもそもあそこまで毛むくじゃらだったのかはわからない

900: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25 09:01:51 ID:Zdgy0dSx0
ただ自然に生物の一種として育てられただけの人間が生物を超越するとかおこがましい

Omega tribe 1 (ビッグコミックス)Omega tribe 1 (ビッグコミックス)
玉井 雪雄

小学館

Amazonで詳しく見る by AZlink